売れるホームページを作れる制作業者は

「売れる」ホームページ制作業者を判断するには

「売れるホームページを作ります」

「集客の出来るwebサイトを作成します」

とアピールしている業者に問い合わせをする際、このような質問をしてみましょう。

御社にお願いすると、どのくらい売れるのでしょうか?

この質問に明確な答えが即座に返ってくるようならば怪しいです。

まだこちら側の詳細がわかっていないのに「絶対に売れるようにします」というのは無責任な発言です。リアルな世界で売れているかどうかもわからない状況なのですから、本当に売れるページを作ろうとするならば、依頼する側を質問責めしてくるはずです。

それが無いという事は、「売れるホームページを作る」というよりも「ホームページ制作の依頼を受けたい」気持ちの方が強いと判断できます。

もしくはマニュアル化された流れに当てはめて作るだけの量産型ホームページでしょう。ホームページを宣伝媒体として運営する必要最低限の情報は掲載されていますのである程度の反響は期待できますが、ビジネスノウハウを活かしてはいないので競合他社次第では、あっという間に廃れていってしまいます。

お客様が選ぶのは一社のみ

何かを購入する、お店を利用する、サービスを依頼する

自分自身で選ぶときに何を重視して選びますか?

選ぶポイント(値段、品質、スピードなど)はお客様によって異なりますが、どのような場合でも最終的に取引をするのは一社だけです。
競合他社の中から「取引先として」選んでいただけるように対策を講じるのが「売れるホームページ」の大原則です。
業者が公開している制作実績を見て、お客様が「選ぶ」ポイントが伝わってくるならば「作ってくれる業者」かもしれません。

しかし「選ぶ」ポイント自体をあなたご自身が勘違いしていたとしたら・・・

デザインのプロと営業のプロ

ホームページ制作会社には「デザインのプロ」が在籍しています。

「デザインのプロ」=「営業のプロ」と錯覚させるようなPRをしている会社もありますが、あくまでも「ホームページを作るプロ」です。

それに、御社の製品を売るノウハウは御社が一番お持ちのはずです。

そのことを理解せず、「当社にお任せいただければ売れるホームページをお作りします」という会社には、期待をしてはいけません。
過去の実績を出してアピールしていても、それはデザインが優れているだけで「営業ノウハウ」を詰め込んだホームページではないかもしれません。

そろそろ「売れるホームページ」はどうやって作ればいいのか。そのノウハウの一部をお教えします。