ホームページで仕事は取れないのか

「1年以上開設していても1件も問合せが来ないから、我が社ではホームページは不要だ」「うちの業界ではホームページで注文は来ないんだよ」という方、なぜホームページだと反応が無いのでしょうか?本当に売れませんか?

ホームページに対する誤った認識を改めて下さい

ITバブルと言われた時期に「ホームページを持てばビジネスが広がる」「企業ならホームページを持つのが常識」と思われるようになっていきました。同時に誤った認識も広がり、それも当たり前だと思う人が増えていきました。

・ホームページを開けばすぐに物が売れる
・ホームページなら今まで売れなかったものも売れるようになる

また、運営面に対しての誤った認識も広がりました(毎日更新・メルマガなど)。日本の世の中でインターネットが身近なものになってからまだ十数年、身近になっていない人もまだ大勢です。

ですからノウハウが少ないのは当然の事ですし、誰かが「これがノウハウだ」といったことに対しては、皆飛びついて真似をしようとします。それがデザイン重視のホームページであったり、「使いやすい」ホームページであったりするわけです。

誰がホームページに来てくれるのか

街中で歩いていて自然に目に飛び込んできたり、TVをつけていたらたまたま映っていたCMを見るのとは異なり、ホームページは「見る側が見に来る」ことをしなければ人目に触れる事はありません。このことはわかっているから検索エンジン最適化(SEO)やバナー広告、プレゼント企画やショッピングモールへの出店などでアクセス数を増やそうとしている方もいらっしゃるのです。

しかし、もう一歩踏み込んで「誰がホームページに来てくれるのか」ということを考え、その人がとるであろう行動を推測すれば、今よりもっとビジネスチャンスの生まれるホームページにする事はできるのです。仕事の取れるホームページにする事ができるのです。プレゼント企画やショッピングモールへの出店が有効な場合もあるでしょう。しかしそれらの事は訪問者の目的と、それぞれの仕掛けで得られる効果がマッチした時に初めて有効になるのです。

1年以上運営しても何の反応も無い

「プロに頼んだのに1年以上運営していても注文はおろか、問合せすら来ない。来たのは勧誘の電話だけ。あんなに高い制作費を払ったのに・・・」とお嘆きの方も多いことでしょう。実際当方にもそのような企業様からのご依頼を多々いただいております。

皆さんが払った制作費というのは「ホームページを作る」「デザイン」に対するお金であり、「ビジネスを拡大するため」「稼ぐため」の投資ではなかったのです。ホームページを作ってビジネスを拡大しましょうと考えたから「ホームページ開設>ビジネス拡大」となってしまい、仕事の取れないものが出来上がってしまいます(成功例も多く存在しますが、ここでは失敗した例を考えます)。
ビジネス拡大のためにホームページも開設しましょうと考えれば「ビジネス拡大>ホームページ」となり、構成や情報の中身は大きく異なっていた事でしょう。

 

来てくれるのに待っていないのはもったいない

困ったこと、解決したいこと、欲しいもの、実現したいこと・・・
人々は検索サイトで調べて情報を収集し、自分の求めていることに対する答えを探しています。
お客様の方から来てくれるのです。

それなのに、企業や店舗が何もしていないのはもったいないです。
ホームページを開設しないだけではなく、開設していても訪問者が求めている答えを導き出せなければ存在価値はありません。

お客様の方から来るのですから、仕事が取れないわけがないのです。