管理システムを勧められたけど

今はご自身でホームページの管理が出来る「CMS」の導入が進んでおり、管理システムを勧められること自体は怪しいことではありません。むしろ導入することにより、ご自身の希望のタイミングにご自身の手で情報を掲載できるということでビジネス活用のプラスになります。

業者にお金を払って頼んでいたことが自分でできるようになったので、コスト削減にもつながりますし、思った時にすぐ掲載できるのでビジネスチャンスを逃すことも回避できるようになります。

コスト削減・スピードアップのために導入をしたのに、毎月高額な利用料・管理費を払い続けたり、自分で簡単に掲載が出来うような構成になっていないのであれば、導入する意味は半減してしまうとも言えます。

CMSを運用するためには、バージョンアップやトラブル対応などをサポートしてもらわなければなりませんし(自動車を使っていて整備や車検を受けるのと同じ)、必要に応じてコストをかけて機能の追加をすることもあります。それは「必要なこと」ですのでマイナスにとらえる必要はありません。

注視するポイントとしては「システム導入費・運営費そのものが対価なのか」「制作会社にとっての保険になっていないか」という点です。初期費用や製作費が安い・無料だからと言って飛びついてみたものの、毎月数万円のシステム利用料を負担して結果的には5年で100万円近いコストがかかったという企業様も多くいらっしゃいます。その多くがホームページを活用出来ていないという残念な報告もあります。

ホームページを作る・リニューアルする目的は「システムを導入する」ことではない
ということをしっかりと意識しておきましょう。