制作実績数から選ぶ?

制作実績数○○○社以上!

とPRしているホームページ制作会社って結構ありますよね。

「多くの企業や店舗が頼んでいるから安心だ」と判断する人が多いでしょうが、視点を変えて検討してみましょう。

実績として紹介されているホームページを見比べてみると、多少の違いがあれども、どれも似たような作りになってはいないでしょうか?

商圏を近いエリアに限定したビジネスで、案内カタログ的なホームページを依頼しようとお考えならば、実績数で判断しても十分でしょう。ホームページを作るノウハウが備わっている作成業者なら望んでいるものを作ってくれるからです。

しかし、広い商圏=競争相手が多いビジネスで、ホームページに営業力を求めるのであれば、実績数を判断材料として考えるのはお勧めできません。
なぜならば、競合他社とあまり変わらない、オリジナルの営業力が備わっていないホームページになってしまう可能性があるからです。

ノウハウが詰まっているなら教えない

制作実績で紹介してあるホームページに、ホームページ制作会社の持っているノウハウが詰まっているならば、競合他社はそれをマネすれば「差」は無くなります。

もしホームページに営業力を求めている、売れるホームページにしたい、集客の出来るホームページにしたいとお考えならば、マネされることは致命傷です。お金をかけてプロに依頼したつもりが、競合他社に無償で売れるホームページの見本を提供したことになってしまいます。

優秀なホームページがいくら増えたとしても、お客様の数が増えるのではありません。限られたお客様を奪い合うのです。
ご自身が持ち主だったら競合他社になるべく見られたくないから、実績として紹介して欲しくないと思いますよね。
自社の手の内をオープンにするのは気が引けるはずですよね。

本当に効果の出るホームページだったら。

でも、ビジネスホームページの基本的なポイントだけを抑えて作られたホームページだから公開してマネされても気にならないのです。

ホームページ活用研究所ベストアイティをご利用頂いたお客様は「実績紹介NG」の方が多くて、なかなか紹介できるホームページがありませんでした。

お客様の立場になったら当然だとわかりましたので、営業型ホームページに関しては実績紹介はしないことといたしました。詳しく知りたいという方には、可能な範囲でご説明させて頂いております。

制作数の多さだけではなく

制作実績が多いことは「多くのお客様を獲得している」ことですので、その会社には営業力があると言えます。

お客様を自社ホームページだけで獲得したのか、インターネット上の他のサイトから獲得したのか、電話営業で獲得したのか、リアルな世界で営業マンが獲得したのかによって、その制作実績数をどの程度評価するのかを考えてみましょう。

ホームページ制作会社に持っている営業力を、こちら側のホームページにも持たせてくれるならいう事なしですが、「ホームページの受注」以外に応用できない営業力であるなら、依頼側には何の意味もありません。

問い合わせをする際には

訪問者が同業他社のホームページと比較した時に自社が勝る要素をどの程度引き出してくれているか

自社の望んでいる事をどの程度実現してくれそうか

などを聞いてみて、業者選びのポイントにしてみてはいかがでしょうか。