自分で更新出来るホームページ

業者主導の商談にならないための準備

自分で更新出来るホームページを作りたい

今のホームページを自分で更新出来るようにしたい

とのご希望をお持ちの方が、ホームページ制作会社へのお問い合わせ・商談前に整理しておくべき事をお教えいたします。

範囲を明確にしよう

「更新」と、ひと言でまとめてしまいがちですが、どのくらいの情報を管理したいのかによって導入すべきシステムやプログラム=費用は変わってきます。

更新したいと思っている場所と、更新頻度を考えてみましょう。以下にいくつかの例を挙げてみます。

ホームページ全体を自分で自由に更新する

ホームページを作ってもらう所まではプロに任せるが、その後の運営管理は全てご自分で行ないたい

CMS(シーエムエス:ホームページを生成・管理するソフトウェア)の導入をして、全体を編集できるようにするのがオススメです。

注意ポイントとしては

ホームページ制作会社独自のCMSにしてしまうと、半永久的にその業者にお世話になる必要があります。他の業者に乗り換えようとするとCMSが使えなくなるだけではなく、今まで蓄積してきたホームページのデータも手放さなければならなくなることもあります。継続して使えないということです。

wordpress(ワードプレス)などのオープンソースと言われるソフトウェアであれば業者を変える場合でも継続して使えないことはほとんどありません(業者によっては縛りがある場合も)。

しかしご自身でソフトウェアのアップデートを行なう必要があります。保守契約を結ぶ事で代行してくれる業者が多いので、確認しましょう。

トップページの最新情報・お知らせだけ自分で更新し、あとは業者に依頼する

特定のコーナーだけを自分で追加更新する。それをトップページにも表示する

上記のCMS導入の他に、CGIというプログラムを導入するという方法があります。

メリットとしてはCMS導入よりも安価で済む事です。

もう一つは、無料のブログサービスと連携させ、ブログの最新記事をトップページに読み込むプログラムを導入する方法です。

これならばホームページ本体は編集せず、ご自身でブログの管理を行なうだけでホームページも変わってくれるので、すでにブログを利用している方であれば選択肢に入れて良いでしょう。

注意ポイントとしては

価格を掲載しているページが多く存在しているホームページで消費税率の変更があった場合には、高額な修正費がかかってしまい長い目で見たらCMSを導入しておいた方が結果的に安かったと後悔する可能性があることです。

その他のページに掲載している情報は、更新する可能性があるのかないのかも考慮した上での選択をお勧めします。

また、過去の情報が残るのか、消えるのかも方法によって変わってきますので、考慮しましょう。「次回定休日は○日です」という告知ならば残す必要はありませんが、「今TVで話題の○○取り扱っています」といった告知ならば、消えてしまうことは避けたいケースがあるかもしれません。

更新頻度を予想してみよう

1年間にどの程度の更新が必要になるのかも考えましょう。

回数が少ないのであれば、管理システムを導入せずにその都度業者に依頼した方がコストがかからないこともあり得ます。

その都度依頼するのであれば、修正する場所は毎回不定でもいいので、範囲を明確にする必要はありません。

作ってもらった制作会社が仮に倒産しても、影響は少なくて済みそうです。

他の制作会社に作ってもらったホームページでも修正を承りますという業者もありますので、問い合わせをしてみましょう。

注意ポイントとしては

他の業者に修正を依頼してはいけないと契約事項に入っていないかを確認しておくことです。

きちんと規約を確認しておきましょう。

ホームページ活用研究所からのご提案

ビジネスとしてホームページを活用する(新規開拓や利益アップ)をお考えならば

CMSを導入し、情報を常にご自身で管理しながら、インターネット上での営業活動を行なう

ことを実現していただくために

「売れるホームページ」を作るためのコンサルティング

「Wordpress(ワードプレス)」を導入しホームページ制作

効果的に「自分で更新」するためのノウハウ提供

ホームページからの問い合わせ・新規顧客獲得

という流れでお手伝いさせていただきます。

ホームページ活用研究所

「ホームページ活用研究所」サービスのご案内

ホームページ活用研究所では、ホームページに関する望み・悩み・希望・要望などにお応えしております。