売れるホームページの作り方とは

売れるホームページの作り方

ホームページを開設する企業・店舗なら是非とも知りたい!ことですよね。

残念ながら簡単には「売れるホームページ」は作れません。

 でも、絶対に作れないのではありません。

 ポイントを抑え、ビジネスツールとしてホームページを構築していけばホームページは「営業マン」として働いてくれます。

どうやったら「売れるホームページ」を作ることが出来るのか。

これからお教えすることは話の最初の部分だけです。
すべてをお教えしてしまったら

みんなに真似されてしまいます。

だから話の一部だけです。ごめんなさい。
人々は、より良いところから買いたいと思うのですから、ノウハウを真似をされて同じようなホームページになったら売れる決め手がなくなってしまいます。
でもご安心ください。本気で売れるホームページを作りたい方には後程ご提案をさせていただきます。

現状を把握することからスタート

まずは「動向」を把握しましょう。
ビジネスは自分ひとりで自由に動くものではありません。

同業他社の動向

  1. ホームページにどの程度の力を入れているのか
  2. インターネット広告をどの程度利用しているのか
  3. インターネットの世界では「商圏」がどのように変わるのか
  4. 「競合他社」として意識すべき相手はどのくらいいるのか

お客様の動向

  1. インターネットの世界で何を求めているのか
  2. どのような検索をしているのか
  3. 時間的な欲求はどの程度あるのか

自社の動向

  1. ホームページで何をどこまで行ないたいのか
  2. ホームページに何を期待するのか
  3. どのくらいの投資が出来るのか
  4. 営業ノウハウを社内で取りまとめることが出来るのか

この3つの動向を把握せずにホームページを作成すると、独りよがりのホームページになってしまう可能性があります。
独りよがりのホームページ=売れないホームページです。

箇条書きで挙げてみましたが、実際にはそれぞれ奥が深くて、答えを出すには時間を要するべきことです。
でも、これが出来れば間違えなく競合他社との差別化が出来て、あなたのホームページは多くの利益につながる役割を果たしてくれる事でしょう。

一方、売れないホームページには多くの共通点があります。言われてみれば納得・単純な事です。
 「売れないホームページ」を知ることも必要です。