ホームページをリース契約

ホームページをリース契約で開設しましょう

最近はこのような言い方は減りましたが

初期費用は無料、月々のご負担は軽いですので、簡単にホームページ運営をスタート出来ます

という制作業者が存在します。

ホームページはリース契約対象外

そもそもホームページは無形物なのでリース対象外です。

そのため、システムやソフトのリースとして契約をします。

リースには必ず期間が設定されていて、ホームページの場合は5年のものが多いようです。

しかもリース契約ですので途中解約は出来ません。

近年ではゴルフスクールをターゲットとしたリース商法で、900万円以上の債務と簡単なホームページだけが残ったという方もいたようです。

リースではなく、制作費が無料もしくは安価で、毎月の管理費として徴収する形もありますが、最低契約期間が決められていればリースと変わりありません。

月々の支払いが安いからいい

確かに毎月の支払いは安くなります。しかし5年間もホームページを作った当初のままにしておくのはビジネスの進化がないことになります。

当然、情報の追加・修正・更新は必要になりますが、それで更に費用がかかりますので、リース代だけでは済まなくなります。

ただし、このような契約形式すべてのサービスが悪い訳ではありませんので、チェックポイントをご紹介いたします。

毎月の管理費で何をしtてくれるのか

毎月の管理費を払う事で何をしてくれるのかを確認しましょう。

システムの更新(アップデート)

トラブル発生が発生していないの監視と対処

は妥当な発生費用ですので問題ありませんが、

ホームページの修正

には注意が必要です。

金額と内容のボリュームをみて、毎月の管理の対価に相応しいのか、制作費を分割払いしていることと同様なのかを見極めます。

「修正」という作業がどこまで含まれているのか

それぞれの項目に関して自分がどの程度利用するのかを確認します。

利用頻度が低いのに管理費に含まれているのはムダになります。

既存の文字の書き換えや写真の差し替え

毎月必ず発生する業種は限定的で、ほとんどの企業は必要のない作業になりますので、金銭的負担も不要と言えます。

最新情報の追加・削除

これは積極的に依頼すべき作業です。含まれているならば数千円の負担は妥当と言えます。

ただ、業者に依頼してから反映までのタイムラグが発生するので、出来れば自分で追加・更新が可能な仕組みになっている方がより良いと言えます。

新しくページを追加する

管理費に含まれているならば、1万円以上の管理費であっても妥当かもしれません。一ヶ月に追加可能なページ数と、自分がどの程度ページを追加したいかにもよります。

毎月の管理費は妥当でしたか?

これらを総合的にみて、一ヶ月の管理費として納得できる金額を割り出します。その金額と業者が提示している金額の差が実質的な「ホームページ制作費」と言えます。

金額の開きが大きいようでした

長期間利用すればするだけコストは高くなる

ということです。

「ホームページ活用研究所」サービスのご案内

ホームページ活用研究所では、ホームページに関する望み・悩み・希望・要望などにお応えしております。