構成を考える

物を売りたい・新規顧客を獲得したいなど、ホームページの開設目的はそれぞれお持ちでしょうが、インターネットは万能ではありません。できる・できないも考慮しながら構成を考える必要があるのです。

全てを望んではいけない

「インターネットだから」「ホームページだから」という考えから、現実のビジネスの進め方とは全く異なった方向で進めようとしていませんか?
現実では一件の成約を得るために何度も客先に足を運び、納得するまで説明をして、お客様との信頼関係を得てやっと契約してもらうのに、インターネットだとひと通りの説明を掲載して「お申し込みはこちら」というフォームを設置すれば契約が取れるであろうと錯覚してしまったり、商品写真と仕様を掲載してショッピングカートを設置すれば売れるだろうと勘違いをしているホームページが多く存在します。1から10まですべてをホームページで完結させようとすると、ビジネスの進め方に無理な部分が出てきてしまい、成功しないという結果になることでしょう。
 
まずは現実の進め方の中からホームページでもできる事を洗い出し、その部分に重点を置いてホームページの構成を考えることで無理なくビジネスを進めることが出来るようになります。今まで述べてきましたが「訪問者の立場に立って」構成を考えれば、「これはネットだけの情報では満足できない・納得できない・不安が残る」という部分が見えてくるはずです。その部分は現実の世界でフォローするようにしていけばよいのです。

単なる現実店舗の器の再現では行き詰まる

インターネット上には数多くのショッピングモールサイトが存在します。実際に出店したことのある方もいることでしょう。一度出店して撤退した方に話を伺うと、どの方にも共通して見られることがあります。それは「単なる現実店舗の器の再現で運営していた」ということです。モール自体の強力な集客力に期待して出店をし、商品写真を並べ説明文を掲載し、さらにショッピングモールで用意されているカートプログラムやプレゼント・メールマガジンなどを使って集客に努めたが、売上以上に経費の方がかかってしまい撤退せざるをえなかったという結果になってしまいます。これでは現実の世界で駅ビルの中に出店をしているのとあまり変わりがありません。人が集まる場所に商品を並べていれば売れる時代ではないのです。最近は大型ショッピングセンターに押されて衰退していく商店街も多くなってきました。一方で全く影響を受けずに繁栄している商店街も存在します。決して立地条件だけで衰退・繁栄が決まるものではありません。お客様がその店を利用する理由があるから繁栄するのです。
ネット上も同じです。単なる現実店舗の器の再現であればお客様にはわざわざそのホームページを利用する理由が無いのです。
御社ホームページは「理由」まで再現されていますか?

「お問合せはこちらから」で問い合わせてくれるほど、やさしい人はいません

「お問合せはこちらから」と掲載しておけば、誰か問い合わせてくるだろうという甘い考えを持っている運営者も多く見られます。問合せをするということは訪問者からすれば大きな決断をした結果の行動なのです。問合せをすれば自分の身元もある程度わかってしまうかもしれません。その後、企業から様々な勧誘があるかもしれません。断る事が出来ない人もいるでしょう。そのような事を考えれば「問い合わせ」という行動が訪問者にとっては、いかに勇気のいる行動かという事が想像できるはずです。それなのに、運営者は安易に「問合せてくれるだろう」と考えます。これでは誰も問い合わせてくれないでしょう。

どうしたら問い合わせてくれるのか。

それは訪問者に問い合わせる理由が出てきた時です。また「理由か」と思わないで下さい。理由もなく行動する人はいませんから・・・。
商品・サービスに興味を持った、もっと詳しい事を知りたい、購入したい、頼んでみたい・・・といった理由がなければ問合せをしてくれる人はいないということです。

どのような構成にすればいいの?

掲載する情報の流れ(ページ構成)の一例をご紹介します。

1:欲求・要望・欲望を示す
 ・・・同意(自分もそう思っている)
2:未来・結果を想像させる
 ・・・興味(このようないい結果を自分も味わいたい)
3:方法を提示
 ・・・説明(どうしたらそうなるのか知りたい)
4:行動を起こさせる
 ・・・アプローチ(問合せ・申し込み)
(1と2は同時掲載でも構いません)

「こう考えて作っったのに反応がない」ということがあります。それは「作ったつもり」でいるからです。

「ホームページ活用研究所」サービスのご案内

ホームページ活用研究所では、ホームページに関する望み・悩み・希望・要望などにお応えしております。